濱倫子

Rinko Hama

その演奏は「見事に浮遊する歌心」「魅了されずにはいられないその深さ、そして信じられないほどの明晰さ」「濱倫子はピアノを弾くことができるだけではない。彼女はピアノを歌うことができるのである」など、ヨーロッパの各紙でも高い評価を受けている。

東京藝術大学を卒業後渡独、カールスルーエ音楽大学大学院、そしてデトモルト音楽大学演奏家国家試験課程を最優秀の成績を得て卒業。J.ミコ-、杉本安子、中山靖子、湯口美和、S.シュパイデル、A.ウゴルスキらの各氏に師事。

これまで、ポルト国際ピアノコンクール(ポルトガル)やエピナル国際ピアノコンクール(フランス)テル・ハイ国際ピアノコンクール(イスラエル)他の国際コンクールで入賞・優勝。ハノーファー・ショパン協会およびバーデン文化財団より奨学金を受ける。また、文化庁新進芸術家海外研修員として研鑽を積む。

ヨーロッパを中心とした各国でのソロリサイタル、室内楽、オーケストラとの共演、そして、シュヴェッツィンゲン音楽祭やベートーヴェンフェスト・ボン、モーゼル音楽祭など数多くの音楽祭への参加など、活動は幅広い。

ラジオ、CD録音も多く、ラヴェル作品を収録したソロCDや、2005年の創立から10年間在籍・活動したベートーヴェン・トリオ・ボンでの録音はいずれも高い評価を受けている。

北西ドイツ・フィル、ヴュルテンブルク・フィル、ライン・フィル州立管弦楽団、ピルゼン放送交響楽団ほかのオーケストラと共演。室内楽においても多くの演奏家からパートナーとして信頼を得て共演を重ねている。